8月12日(水)金沢地方気象台技術専門官の辰巳禎明氏に防災気象情報とその利用についてお話を伺いました。

低気圧・高気圧の話から大雨や地震から身を守る方法まで盛りだくさんでしたが、予測が難しいものもあるので、テレビ・ラジオ・携帯・スマホなどで気象情報をこまめにチェックし、安全な場所へ避難することが大切。

また、「自分の命は自分で守る」を地域や家族みんなが自覚し、あぶないと思ったら避難場所へ避難する行動を身につけてほしいと述べられました。

9月6日には地区の防災訓練があります。日頃の訓練がいざという時役に立ちます。避難場所の確認にもなりますので、みんなで参加しましょう。

第3回女性学級「防災気象情報とその利用」
日時 平成27年8月12日(水)
会場 瓢箪町公民館