5月30日(火)金沢市西部環境エネルギーセンターにて女性学級開級式を行いました。

 今年度はゴミの有料化を前に、まずは金沢市のゴミ処理について学習するために、西部環境エネルギーセンターを訪れ、職員の方に施設の概要を説明していただいたあと、施設を見学しました。

 建物の7階に相当する部屋から覗いたゴミピットでは絶えず大型のごみクレーンがゴミを撹拌しながら焼却炉にごみを運んでいました。焼却時に発生する燃焼ガスも高性能燃焼ガス処理設備の設置で、ダイオキシン類などの有毒ガスの除去率を高め、きれいにして排出されているとのことでした。

 見学のあと、職員の方にゴミの有料化について色々と質問をさせていただきました。身近な問題だけにたくさんの質問が出されましたが、有料になるゴミの種類のとらえ方がまちまちで混乱する場面もあり、金沢市民全員が理解するまでに時間がかかりそうだねと、学級生は口々に感想をもらしていました。

 積極的なごみ減量化と資源化への取り組みは、地球環境への配慮であり、次世代の孫や子どもの将来につながっています。まずは一人一人の意識改革からではないでしょうか。
 

女性学級開級式

日時:平成29年5月30日(火)

場所:金沢市西部環境エネルギーセンター