7月5日午後7時から臨床心理士の寺井弘実氏により「今の子供の状況とその対応」についての講演がありました。
現代では2歳の幼児・保育園児までもが1日に1時間以上、小学生は1時間半、中学生は2時間、高校生は3時間以上インターネットを利用しており、それにまだテレビも見ているとのお話であり、両親および家族、周りの大人との関わりが少なくなってきており、寂しい子供たちになっていくのではないかと懸念されるとのことです。心の育ちのテーマで、今からは、両親はもちろん周りの大人との関わりを家族、学校、地域が連携しながら強い絆で対応していくことが重要になるとのお話でした。
専門的な用語が出てきて少し難しい講演でしたが、自分も周りの子供たちによい関わりを持てるような大人になるように努力していかなければと思いました。

青少年部副部長 橋本謙一

青少年健全育成会議講演会
日時:平成30年7月5日(木)
場所:瓢箪町公民館