10月23日(水)元町福祉健康センター德田保健師による「こころの健康づくり講座」が開催されました。
ストレスによる病気でよく耳にするのが“うつ病”です。そして、その原因は60歳以上では1位が病気・介護によるもの。また、人生で一番ストレスがかかることは大切な人の死だということで、まさに女性学級の皆さんが直面している課題であり、皆さん熱心に耳を傾けていました。
こころの健康を保つにはストレスと上手に付き合いながら、吐き出していくことが大事。朝は光を浴び、昼は活動、仲間といっぱいおしゃべりをして笑う。適量の食事をバランスよく摂り、快眠!(女性学級の皆様には当たり前すぎたかな?)残念なことに男性の3割はストレス解消法を持っていないそうなので、女性学級の皆さん、男性もおしゃべりの輪に加えてあげてください。
日常のコミュニケーションが「こころの病」の早期発見につながります。身近な人の異変に気づいたら「大丈夫?」と声をかけ、こころの健康相談へつなげてください。
相談窓口:元町福祉健康センター(251-0200) 
第6回女性学級「こころの健康づくり講座」
日時:令和元年10月23日(水)
場所:瓢箪町公民館