9月6日(日)に行われた今年度の自主防災訓練は、雨の心配をしながらの開催となりましたが、どうにか終了までは降ることもなく、昨年同様3カ所(中央公民館彦三館・パンダ公園・明成小学校)に分かれての開催となりました。

 役員も含め約360名ものご参加をいただき、彦三館ではAEDのトラブル等ありましたが、いざ本番に備えて皆さん熱心にそれぞれの訓練に参加していただき、ありがとうございました。

 今日まで金沢では浅野川の洪水以来大きな災害はありませんが、当日後刻、小松沖を震源とする地震がありました。「災害はいつ何時くるかわからない」という心構えは常に持っていなければなりません。「常日頃の近所づきあいが大切」と、事あるごとに申し上げていますが、自助の次の共助の大切さを肝に銘じ、防災は無理かもしれませんが、減災をめざして早くても3日後といわれる公助までつなげていかなければなりません。次年度からは「いざ本番」に備えて基礎から見直した訓練を予定しています。

 今回の訓練に際し、役員の方々始め参加いただいた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

    瓢箪地区自主防災連絡協議会 会長 中崎龍雄
 

平成27年度瓢箪地区自主防災訓練
日 時  平成27年9月6日(日)
会 場  中央公民館彦三館・パンダ公園・明成小学校