秋晴れの好天の中、恒例の瓢箪町公民館文化祭が、10月25日(日)に瓢箪文化会館及び児童公園で開催されました。

 皮切りは例年どおり「子どももちつき」。「ひょ~たんタン」効果もあってか、今年は例年以上に大勢のちびっ子たちが集まり、元気な掛け声とともにもちをつき、来場者につきたてのおもちを振る舞いました。毎年人気の湯涌出張朝市には開店前から列が出来、新鮮フルーツ市や各模擬店も大好評、また文化祭オリジナルの「ひょ~たんタン」を象った上生菓子も大人気で、「ひょ~たんタン」自ら販売のお手伝いをしていました。食堂でも「金沢おでん」や串焼きをビールのあてに談笑する姿があり、上々の盛況ぶりでした。

 2階ホールの作品展会場には今年創刊500号を達成した『館報ひょうたん』の過去の節目の紙面が展示され、懐かしい写真に見入っている姿も見られました。また、健康診断コーナーでは新登場の「足型測定器」が人気を博し、測定結果に一喜一憂する姿が見られました。

 体験参加型イベントである絵手紙体験教室も常に盛況、「ひょ~たんタン」もチャレンジして先生からお褒めのお言葉をいただきました。
そして、今年のフィナーレのイベントは「荒木明日子さんの『金沢弁で聞いて楽しむ昔話』」。小学生からお年寄りまでまさに老若男女、椅子を追加で並べるほどの大盛況。普段使っている金沢弁やら昔懐かしい金沢弁での語りで気持ちよく昔話の世界に引き込まれました。

 なお、今年から来場者に「おせんべい引換券」でお渡しするおせんべいのデザインは「ひょ~たんタン」になりました。

 最後に、今年の文化祭も、準備・運営をしていただいた皆様のご協力のもと、多くの地域の方々にご来場いただき成功裏に終了いたしました。本当にありがとうございました。来年もまた、新しい企画を考えて行いたいと思いますので、よろしくお願いします。

    文化祭実行委員長 堀部泰生
 

第37回瓢箪町公民館文化祭
日 時  平成27年10月25日(日)
会 場  瓢箪町公民館