令和2年度の明成校区成人式が、1月10日(日)の午後にANAクラウンプラザホテル金沢に於いて新成人34名(男子15名・女子19名)出席のもと厳粛に開催されました。
 新型コロナウィルス感染拡大の中、残念ながら祝賀会は開催できませんでしたが、式典については金沢市からのガイドラインに従い粛々と執り行いました。
 式典では宮坂瓢箪町公民館長から「渋沢栄一の『夢七訓』」を引用しての式辞をいただいたあと、金沢市長からのお祝いメッセージや来賓からの祝辞をいただき、それを受け新成人代表の向井智哉さんが「たくましく困難に立ち向かっていきます」との力強い誓いの言葉を述べました。新成人一人一人の紹介のあと、恩師の倉田啓介先生よりお祝いの言葉をいただきましたが、小学校時代の思い出やエピソードが語られ、それまで緊張していた会場が少し和んだ雰囲気になりました。また「やりたいことをやっちゃえ!」という新成人へのエールも送られました。最後に新成人全員で記念撮影を行い無事に終了しました。
 今回は県外在住の新成人で出席したくてもできない方もいるだろうということでZOOM参加を可能にし、また、コロナ対策で保護者の参列も人数制限したため参列できない保護者も式典を見ることができるようにということでYouTubeでのライブ配信を行うなど、ウィズコロナに対応した成人式となりました。
 ともあれ、新型コロナウィルス禍や大雪のなかでの開催ということで新成人にとっては思い出深い成人式になったと思いますし、未来ある若者たちが未来を信じて頑張っていただきたいと思います。

   総務部長 堀部泰生