第53回金沢市公民館大会 公民館フェア“楽集”が2月21日に金沢市文化ホールで行われました。

 金沢市公民館永年勤続役職員表彰で、公民館委員の田中豊樹さんが10年勤続、運営審議員の西川寛さんが25年勤続、谷一則さんが15年勤続、藤沢秀樹さんが10年勤続のそれぞれの表彰を受けられました。

 今大会での公民館活動発表には瓢箪町公民館と三谷公民館の2館が選ばれ、瓢箪町公民館は「明るく開かれた楽しい公民館を目指して ~ゆるキャラプロジェクトを中心に~」と題して、公民館委員の堀部泰生総務部長と、南佳江スポーツ推進委員のお二人が発表しました。

 ゆるキャラ「ひょ~たんタン」についての発表の中では「ひょ~たんタン」がステージに登場し、可愛い仕草やひょうきんな仕草に拍手喝采を受けました。発表内容についてはお二人の助言者から瓢箪町公民館独自の活動をしていること、また、地域の大勢の皆さんが楽しく参加できるようにスタッフの皆さんが事業ごとに内容の検討を行っていることなど極めて高い評価をいただきました。周りからはスクリーンに映される映像に「プロの人が作成したの」との声も聞かれました。活動発表のために昨年の4月から頑張ってくださった委員の皆さん本当にご苦労様でした。有難うございました。
また、展示棟では作品展が開催され、瓢箪町公民館女性学級の「布ぞうり」とファッションステンシル教室の生徒さんの作品が展示され、訪れた人達が足を止めて見入っていました。出展された皆様、御協力ありがとうございました。